メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 緊急経済対策108兆円 納税猶予や給付金

 安倍晋三首相は6日午後、新型コロナウイルス感染拡大を受け、総額108兆円に上る事業規模の緊急経済対策を実施すると表明した。国内総生産(GDP)の2割に当たり、過去最大。安倍首相は「経済に与える甚大な影響を踏まえ、過去にない強大な規模となる対策を実施する」と説明した。2020年度補正予算案を7日に閣議決定し、4月中の成立を目指す。

 安倍首相は108兆円のうち、納税や社会保険料の支払い猶予に26兆円規模を充て、家庭や中小・小規模事業者に対する給付金として6兆円超を盛り込む。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです