メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

株取引のサーキットブレーカー、仕組みは? 大幅変動時に取引中断 投資家に冷静さ促す=回答・松岡大地

取引が一時停止されたニューヨーク証券取引所のトレーダー=2020年3月9日、ゲッティ共同

 なるほドリ 米国の株式市場で「サーキットブレーカー」が発動(はつどう)されたと聞いたけどどんなもの?

 記者 株価が大幅に変動したら取引を強制的に一時中断する仕組みです。米国のニューヨーク証券取引所は、株価指数(しすう)の一つである「S&P500」の下落(げらく)率が前日終値(おわりね)と比べ7%を超えると全銘柄(ぜんめいがら)の取引を15分間停止します。取引再開後、下落率が13%に拡大すると再び15分間、取引を止めます。さらに20%まで下落した場合はその日の取引は終了とします。新型コロナウイルスの感染拡大で米国では株価が下落し、ニューヨーク市場では3月9日以降4回もサーキットブレーカーが発動…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです