メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土、3活動延期 墓参・ビザなし交流・自由訪問 新型コロナ感染拡大で

 日露両政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北方領土の元島民らが故郷を訪れる枠組みとして例年5~10月に実施している「船舶による墓参」「ビザなし交流」「自由訪問」の全3種類の交流活動を延期する方針を固めた。

 両国での感染拡大で、ロシア側が元島民らの受け入れに難色を示している上、日本側も高齢化する元島民が長時間、交流船で移…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 京都の花街、営業再開へ独自指針 「お座敷遊びなし」芸舞妓に説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです