メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 動画視聴時間85%増 米配信サービス各社

動画配信サービス各社はしのぎを削る=AP

 新型コロナウイルスの感染拡大により外出制限措置が広がる米国で、動画配信サービスを通じた映画やドラマの視聴時間が急増している。米メディアが報じた調査会社ニールセンの分析によると、テレビでの配信作品の視聴時間は3月1日からの3週間で全米で約67億時間に上り、前年同時期に比べ85%増加した。ウイルス流行の終息はまだ見通せず、配信サービスの普及がさらに進みそうだ。

 ニールセンによると、人口が全米最多の西部カリフォルニア州や東部ニューヨーク州で事実上の外出禁止令が出された3月16~22日の1週間の配信視聴時間は約26億時間で、前年同期から2・2倍に増えた。サービス別の視聴時間の割合は、ネットフリックス29%▽ユーチューブ20%▽Hulu10%▽アマゾン・プライム・ビデオ9%――など。パソコンやスマートフォンでの視聴は分析に含まれておらず、実際の視聴時間はさら…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです