連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

公的介入と民間への委任=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長

 経済危機の時こそ「政府の出番だ」との声が日本で多い。しかし行政システムの肥大や政府による市場への介入の恒常化のきっかけとなるようでは本末転倒だ。では損なわれる恐れが出た市場機能を一時的に補正する手段は何か。たとえばリスクが本来大きい証券売買については、リスク管理を本来業務とする市場の主要構成者に委ねるという手法が望ましい。

 3月24日に米連邦準備制度理事会(FRB)は企業群への流動性供給に当たって、米国最大の資産運用企業ブラックロックに運用の実務を委ねた。これで商業手形や格付けの低い社債などの集合証券の売買を、生き馬の目を抜く腕利きの業界人に委ねたのだ。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文717文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集