メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斎藤氏ら9人に学士院賞

斎藤通紀 京都大教授

 日本学士院は6日、優れた業績を上げた研究者に贈る日本学士院賞に、哺乳類で生殖細胞が発生する仕組みを解明した斎藤通紀・京都大高等研究院教授(49)ら9人を選んだと発表した。斎藤氏には恩賜賞も贈る。自然保護分野の優れた研究を隔年でたたえる日本学士院エジンバラ公賞に、北潔・長崎大熱帯医学・グローバルヘルス研究科長(69)を選んだ。

 学士院賞の他の受賞者は、非正規雇用の増加原因や実態を明らかにした神林龍・一橋大経済研究所教授(48)や、建築物の耐震性能を評価する指標を開発した岡田恒男・東大名誉教授(84)、ビッグデータなどの高速処理技術の基礎を確立した喜連川優・国立情報学研究所長(64)ら。

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 菅長官、ワクチン「まずは国内で製造販売」 国際枠組みでは「優先供給されない」

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです