メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 緊急事態宣言へ、スポーツ界影響拡大 苦境一層「今は我慢」

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、政府が法律に基づく緊急事態宣言を7日にも発令する方針を示した6日、サッカー・Jリーグで新たに複数のチームが活動を休止するなど影響が広がった。大会の延期や中止が相次ぐスポーツ界で、さらに自粛ムードが強まりそうだ。【芳賀竜也、中村有花、福田智沙、黒川優】

 セ・パ両リーグの開幕を大幅に延期しているプロ野球は、東京都内で12球団による実行委員会を開いたが、全球団での活動自粛など統一した方針は決めなかった。宣言の対象地域かどうかで練習環境に差が出るなどの地域の事情を考慮したと見られる。

 宣言の対象地域を本拠地とする球団では、DeNAが未定だった7日以降のチーム練習について、今後も自主練習を継続する方針を発表した。選手ごとに球場の使用日を隔日にしたり、時間差で使用したりするとした。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  3. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  4. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  5. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです