連載

月刊相撲

大相撲の話題をたっぷりお届け。話題の力士のロングインタビューやおかみさんのリレーコラムも。

連載一覧

月刊相撲

大相撲・技あり! 寄り切り 高見盛、右差しから速攻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2003年名古屋場所8日目、寄り切りで朝青龍(右)を破った高見盛=兵藤公治撮影
2003年名古屋場所8日目、寄り切りで朝青龍(右)を破った高見盛=兵藤公治撮影

 大相撲の代表的な決まり手の一つが寄り切りだ。四つに組んでまわしを引きつけ、じっくりと勝負を付けたり、一気に前に出たりと力士の個性が表れる技でもある。

 仕切り前に大げさに気合を入れる独特の動作から「ロボコップ」と呼ばれて人気を博した元小結・高見盛の東関親方は、右差しからの速攻を得意とした。「自分はかいな力(腕力)が強いほう。当たって、そのまま止まらず前に出ることが大事だと思っていた」と振り返る。相手を寄り立てながら右を差し、かいなを返して反撃の間を与えず決着をつけることを狙っていた。

 立ち合いも頭ではなく「肩から当たっていった」という。右肩をぶつけ、そのまま右差しを狙う。当たりを強くするため、稽古(けいこ)場ではテッポウ柱に肩を打ちつけた。そのため、現役時代は右肩にこぶのような盛り上がりがあった。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文648文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集