特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

世論意識し野党は「協力」と「注文」 両院議運委、緊急事態宣言への首相質疑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「緊急事態宣言」の発令を前に衆院議院運営委員会で立憲民主党の枝野幸男代表(左端)の質問を聞く安倍晋三首相(右奥)=国会内で2020年4月7日午後0時32分、竹内幹撮影
「緊急事態宣言」の発令を前に衆院議院運営委員会で立憲民主党の枝野幸男代表(左端)の質問を聞く安倍晋三首相(右奥)=国会内で2020年4月7日午後0時32分、竹内幹撮影

 衆参両院の議院運営委員会は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言の発令を事前報告した安倍晋三首相への質疑を行った。野党は政府に協力姿勢を示す一方で、PCR検査(遺伝子検査)の拡充や、宣言に伴う経済的損失を直接補償するよう要求した。新型コロナ対策は重大局面を迎え、世論を意識し、政権への「協力」と「注文」を使い分けた格好だ。

 現職首相が議運委に出席するのは三木武夫首相以来45年ぶりだ。与野党は宣言発令前に首相が国会に報告するよう、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法の成立時、付帯決議をしていた。緊急事態宣言は初の事態だけに、野党各党は代表など幹部クラスが質問に立った。

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1157文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集