メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もはや時間の猶予はない」「出勤者7割減らして」 首相、緊急事態宣言発令受け会見

 安倍晋三首相は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令した。対象地域は、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、宣言の期間は7日から大型連休が終わる5月6日までの1カ月間とした。首相は記者会見で「医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している地域が生じていることを踏まえれば、もはや時間の猶予はないとの結論に至った」と発令の理由を説明した。

 首相は会見で「人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減できれば2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる」との専門家による見通しを紹介した。専門家によると、「人との接触を8割減らす」とは、例えば屋内で会う人を10人から2人にすることを意味するという。首相は「効果を見極める期間も含め、1カ月に限定して外出自粛をお願いする」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです