メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナに抗マラリア薬は効果あり?なし?トランプ氏と専門家が対立

新型コロナウイルスについて語るトランプ米大統領=ワシントンで2020年3月27日、AP

 新型コロナウイルスの治療に使える可能性が指摘されている抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を巡り、米トランプ政権内で、慎重な対応を求める医師と積極活用を薦める大統領側近らが激しく対立している。画期的な治療方法がないなか、ウイルス対策で前向きな提案をしたいトランプ大統領は、側近らに耳を傾け、医師と異なるメッセージを国民に発信して混乱に拍車をかけている。

 米政府のコロナ対応で先頭に立つ国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、この薬について「効果があったという報告となかったという報告があり、科学的に効果があると断定的に言える状態ではない」(5日のCBSニュース番組)と説明している。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです