特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ウィスコンシン州の民主予備選巡り混乱 知事の6月延期命令に州最高裁が無効判断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米大統領選に向けた民主党の候補者テレビ討論会で、新型コロナウイルス感染予防のため握手の代わりに肘をぶつけてあいさつするバイデン前副大統領(左)とサンダース上院議員=ワシントンで2020年3月15日、AP
米大統領選に向けた民主党の候補者テレビ討論会で、新型コロナウイルス感染予防のため握手の代わりに肘をぶつけてあいさつするバイデン前副大統領(左)とサンダース上院議員=ワシントンで2020年3月15日、AP

 11月の米大統領選に向けた野党・民主党の候補指名争いで、中西部ウィスコンシン州のエバーズ知事(民主党)は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7日に予定されていた予備選を6月に延期する命令を出した。しかし、州最高裁は6日、逆に知事の命令は無効だとの判断を示した。知事が、投票所を閉鎖する強硬措置に踏み切る可能性もあり、混乱が懸念されている。

 エバーズ氏は6日、「安全な状況で、直接投票を行うことができない」として投票を6月9日まで延期すると命令した。州議会で多数派の共和党は「知事の一方的決定は州憲法に違反する」として、知事の命令の無効を求めて、州最高裁に提訴。共和党が指名した保守系判事が多数を占める最高裁は訴えを認めた。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文570文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集