和牛「自宅で」食べて支援を 購入者に抽選で仙台牛贈呈 宮城県がキャンペーン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
村井嘉浩・宮城県知事=本橋敦子撮影
村井嘉浩・宮城県知事=本橋敦子撮影

 新型コロナウイルスの影響で需要が減少した和牛農家を支援しようと、宮城県は10日、仙台牛や県産黒毛和牛の購入者に抽選で仙台牛1万円相当を贈呈するキャンペーンを始める。5月10日まで。

 県によると、外食や観光客の減少で3月の仙台中央食肉卸売市場のA4ランクの枝肉相場は前年同月比35%下落。キャンペーン…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集