メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和牛「自宅で」食べて支援を 購入者に抽選で仙台牛贈呈 宮城県がキャンペーン

村井嘉浩・宮城県知事=本橋敦子撮影

 新型コロナウイルスの影響で需要が減少した和牛農家を支援しようと、宮城県は10日、仙台牛や県産黒毛和牛の購入者に抽選で仙台牛1万円相当を贈呈するキャンペーンを始める。5月10日まで。

 県によると、外食や観光客の減少で3月の仙台中央食肉卸売市場のA4ランクの枝肉相場は前年同月比35%下落。キャンペーン…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです