メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎市の観光名所40施設閉鎖 軍艦島、グラバー園など 10日から

グラバー園に続く土産物街。新型コロナウイルスの影響で6日も閑散としていた=松尾沙織撮影

 長崎市は6日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、感染拡大を防ぐため長崎原爆資料館や世界遺産の「軍艦島」、グラバー園など観光施設を含む計約40施設を10日から一斉閉鎖することを決めた。【松村真友、松尾沙織】

 対象は市が設置した施設で、閉鎖は28日までの予定。市民の利用が多い市立図書館などは開館を継続する。28日以降の対応は感染拡大の状況によって決めるとしている。

 市はこれまでも市主催イベントを延期・中止するなどしていたが、感染リスクを最小限にすることで市民生活を守るため、県外の観光客が多く訪れる観光施設などを一斉に閉鎖することにした。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです