メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城・つくば市長「住民との合意困難」 日本財団の軽症者施設整備方針に

公共施設提供の必要性を強調するつくば市の五十嵐立青市長=茨城県つくば市役所で2020年4月6日

 茨城県つくば市の五十嵐立青市長は6日の記者会見で、同市南原の研究所跡地に新型コロナウイルス感染の軽症者約9000人の滞在施設を日本財団が整備する方針について、「住民の理解が不可欠だが、合意を進めるプロセスを構築するのは極めて困難だろう」と述べた。

 五十嵐市長はプロセス構築が難しい理由として、市内の感染拡大防止に「市のリソース(資源)の相当な…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. ソウル市長、失踪か 娘「遺言のような言葉残し外出」 元秘書がセクハラ訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです