メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閑散とした福岡・中洲 なじみの客「店も女の子も可哀そう。守ってあげるべきじゃないの?」

人通りが減った福岡・中洲の屋台街。普段は那珂川沿いに19軒が並ぶが、この日営業していたのは5軒だけだった=福岡市博多区で2020年4月7日午後8時26分、徳野仁子撮影

 午後7時半、福岡市博多区の歓楽街・中洲。店頭には臨時休業の張り紙が目立ち、明かりのついた居酒屋はちらほら。酒店の従業員は「いつもならひっきりなしに注文が入る時間帯。軒並み閉まっているから仕方ない」と諦め顔で話す。

 「なじみの店が生きているか様子を見に来た」という男性(78)は、これほど閑散とした中…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです