メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自宅待機のルメールら調教騎乗へ UAE渡航帰国後2週間、体調良好

 クリストフ・ルメール騎手=2019年4月

 日本中央競馬会(JRA)は7日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドバイ国際競走(中止)の騎乗でアラブ首長国連邦(UAE)に渡航し、帰国後の2週間、自宅待機となっていたクリストフ・ルメール、古川吉洋両騎手の健康状態が良好なため、8日から調教騎乗を再開予定であると発表した。

 また、感染が判明したJRA職員と接触が…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです