メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jヴィレッジでの東京オリンピック聖火展示中止 緊急事態宣言の発令受け

一般公開が中止される東京オリンピックの聖火=福島県のJヴィレッジで2020年4月2日午前10時51分、和田大典撮影

 福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で展示している東京オリンピックの聖火について、大会組織委は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて8日から一般公開を中止すると発表した。次回の展示は未定としている。

 聖火は2日から一般展示され、計6日間で約5300人が訪れていた。当初は30日…

この記事は有料記事です。

残り52文字(全文202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです