メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

相模原殺傷死刑確定 衆院議員・野田聖子さんに聞く 「できないこと=不幸」じゃない

インタビューに答える野田聖子衆院議員=大西岳彦撮影

 春なのに、心は弾まない。新型コロナウイルスのせいだけではない。相模原市の障害者施設の殺傷事件の裁判は、元職員の植松聖(さとし)被告(30)に死刑が言い渡された(3月30日に控訴を取り下げ確定)。事件から3年9カ月、社会は何か変わったのか。障害のある長男・真輝(まさき)さん(9)を育てる自民党の野田聖子衆院議員(59)に聞いた。

 ――19人の命を奪い、死刑判決が言い渡されました。何を感じましたか?

この記事は有料記事です。

残り2536文字(全文2736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです