メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

なぜこんな愚策を=与良正男

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は緊急事態を宣言する一方、緊急の経済対策を決めた。ともに遅かったと私は思う。

 特に経済対策は、これから補正予算案を国会で審議するというのだから遅れは深刻だ。なぜここまで後手に? やはり安倍晋三首相の責任が大きい。

 そもそも3月末に成立した新年度予算にコロナ対策を盛り込まなかったのが全くおかしい。

 日本には政府案通り予算を成立させるのが当然で、野党の主張を受け入れて予算の修正や組み替えをしては政権の責任問題になるという妙な意識が元々ある。それは国会自体を否定しているようなものだとかねて私は書いてきた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです