メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

DIVERSITY IN THE ARTS公募展 障害ある人の作品募集

 「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS公募展」は、障害のある人が制作したアート作品を募集している。同展は、優れたアーティストの発掘を通して多様性の意義や価値を伝えたいと2018年に始まり、今回で3回目。絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、立体作品など、素材やテーマは自由。募集期間は6月15日~7月5日。

 作者本人か親権者、後見人、作者から作品の使用権を移譲された法人とし、過去に受賞歴のない作品に限る。平面作品は縦2メートル、横1・2メートル以内、立体作品は高さ2メートル、幅、奥行き共に1・5メートル、重さ50キロ以内。1人につき3点まで。1次審査は書類審査のみ。同展ホームページからダウンロードした応募用紙に記入し、同公募展係(〒530-0022 大阪市北区浪花町13-38千代田ビル北館4F―E)…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです