特集

ニュース&トピックス

クラシック界のニュースや、音楽家のインタビューなどを紹介します。

特集一覧

「物語との融合楽しんで」 「のだめ」音楽会でバイオリン、松田理奈

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛器の1717年製ストラディバリウスを手にする松田理奈=2020年3月26日午前11時50分、松本杏撮影
愛器の1717年製ストラディバリウスを手にする松田理奈=2020年3月26日午前11時50分、松本杏撮影

 バイオリニストの松田理奈が8月9、10日、兵庫県西宮市の県立芸術文化センターで演奏する。人気漫画に登場するクラシックの名曲を披露する「生で聴くのだめカンタービレの音楽会」。奏者の背後のスクリーンに漫画の名シーンや楽曲解説が映し出される趣向だ。松田は「音楽と物語の融合を楽しんでいただければうれしい」と話す。

 2004年に日本音楽コンクールで1位に輝いた正統派。以前は重圧を感じやすく、「弓に置くべき手で弓を持ってしまい、自分の出す硬い音で緊張を自覚した」。変化をもたらしたのは7歳になる娘との絆だ。「毎日、無条件に全幅の信頼を寄せられるうちにミスへの恐れが減って、音楽がより楽しくなりました」

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文619文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集