メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和への熱、広島に捧げた「哀歌」 先月死去、作曲家のクシシュトフ・ペンデレツキ

 「広島の犠牲者に捧(ささ)げる哀歌」など前衛的な音楽で、1960年代に世界的名声を獲得したポーランドの作曲家クシシュトフ・ペンデレツキが、3月29日に86歳で死去した。音響によって感覚に訴える作品たちは映画でも頻繁に使われ、今も多くの人の耳に届いている。

 ポーランド南部のデンビツァで33年に生まれた。60年作曲の「哀歌」は52の弦楽器で演奏する。胸をかきむしるような鋭い高音で始まり、次第に音の数は増えて、やがて弦の音でびっしりと塗りつぶした暗黒の響きとなる。指定した音程の間にある全ての音を鳴らす「トーン・クラスター」や、楽器の胴をたたいて音を出すなどの特殊奏法を次々に投入した。

 当初の曲名は目安となる演奏時間から「8分37秒」。初演を聴いて「自分も圧倒された。この曲を何かに捧げたい」と考え、「広島」に結びついた。何度も演奏拒否に遭いながら、タイトルと作曲者の名声はやがて世界に広まっていった。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです