新型コロナ バス会社、売り上げ半減 中泊、予約全てキャンセル 返済は、雇用は、不安な春 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
車庫に置かれた大型バス。本来なら、県内の観光ツアーに出ていたという=青森県中泊町の株式会社中里観光で
車庫に置かれた大型バス。本来なら、県内の観光ツアーに出ていたという=青森県中泊町の株式会社中里観光で

 新型コロナウイルスの感染拡大で県内企業にも深刻な影響が生じている。県が県内の302社を対象にした調査では、約6割の企業で新型コロナウイルスによる売り上げ減少の影響が出ていると回答。観光業では春の観光シーズンを迎え、関係者は先の見えない不安を感じている。現場を歩いた。【井川加菜美】

 3月下旬、中泊町のバス運行会社「株式会社中里観光」を訪ねると車庫には、出番をなくした大型バスが何台も並んでいた。連なるバスを横目に、同社の柏谷祐美子取締役(56)は「本来なら弘前への観光ツアーに出ていた」と肩を落とした。

 同社では、大型3台▽中型4台▽小型4台――の計11台のバスを所有。観光客や学校の児童生徒の送迎などを受託している。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1043文字)

あわせて読みたい

注目の特集