新型コロナ 外出自粛要請 仙台駅周辺、人出4割減 前週末比 経済へ打撃懸念 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
通常の休日よりも人出が減少した仙台駅西口。中央奥のエスパル仙台は4、5日に臨時休業した=仙台市青葉区で
通常の休日よりも人出が減少した仙台駅西口。中央奥のエスパル仙台は4、5日に臨時休業した=仙台市青葉区で

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県と仙台市が外出自粛を要請した4、5日のJR仙台駅周辺の人出は前週末に比べて約4割減少したことが、IT企業による携帯電話の位置情報のビッグデータ分析から分かった。【滝沢一誠】

 調査はデータ解析会社「アグープ」(東京都渋谷区)が、仙台駅から半径500メートルを対象として1月~4月5日に実施。同意を得た同社のアプリユーザーの位置情報を解析し、対象範囲に滞在していた人口を推計した。

 調査によると、4、5日の平均滞在人口はそれぞれ2万6263人と2万1930人。前週の土日(3月28、29日)が4万3436人と3万3540人だったことから、それぞれ約40%と35%の減少を記録した。時間帯別でも、前週で最多だった土曜正午の比較で43%減った。3連休の中日で東京オリンピック聖火の展示も重なった21日からは、ほぼ半減となった。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文595文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集