新型コロナ 新たに男性2人感染 県内31人 20代大学生と50代教諭 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染症で、県は7日、岩出保健所管内の20代の男子大学生と、海南保健所管内の50代の男性教諭の感染を確認したと発表した。いずれも症状は安定しており、同日医療機関に入院した。県内で感染が確認された感染者は計31人となった。

 県によると、男子大学生は3月20~30日、埼玉県内の実家に帰省していた。和歌山に帰宅後、4月1日に発熱し、嗅覚異常などの症状があった。6日までに両親の感染が判明したため、自ら保健所に相談し、7日に陽性が判明した。埼玉県で感染した可能性が高いとみられる。

 男性教諭は3月30日~4月3日、学校で勤務し、5日に発熱。6日に医療機関を受診し、7日に陽性が判明した。生徒との接触はなく、発熱後は休んでいたという。県は男性教諭の家族や同僚などを検査する方針。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文668文字)

あわせて読みたい

注目の特集