メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国策の町

玄海原発との半世紀 処分場までやりたかった /佐賀

玄海町役場で取材に応じる岸本氏

 「病気はダメですよ。肺がんだから。薬の影響で髪が一回抜けたんですよ」。玄海原発が立地する玄海町の前町長、岸本英雄(66)は2019年10月下旬、町役場2階の応接室で取材に応じた。

 「でも、もう効かなくなって、俗に言う緩和ケアですよ。もういつ死んでもおかしくない。66歳だったんで、うちの親父は」。岸本は県議会議長も務めた父敏が死去した当時を振り返った。岸本は家業の建設会社「岸本組」を41歳で辞めて県議選に出馬。県内最多の1万3788票を得た。

 岸本は父親から町内の有力者が集う「11日会」の主宰も引き継いだ。そして県議3期目の06年。町内の温泉施設で開かれた4月の11日会で町長選への出馬を明かした。約1カ月後に記者会見を開き、その2日後の11日会には当時知事だった古川康(現・衆院議員)をゲストに呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです