メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

緊急事態宣言の効果は

 日本の新型コロナウイルス感染者は、1月15日に初めて確認されてから増え続け、安倍晋三首相が法律に基づく緊急事態宣言を発令する事態となった。国内初の発令によって、医療崩壊は抑えられるのか。国民の日々の生活や経済はどうなるのだろうか。海外ではどのように対応しているのか。それぞれの識者に聞いた。

皆が6週間頑張ろう 猪口正孝・東京都医師会副会長

 私たち医療者は、医療崩壊だけは起こしてはならないと考えている。だから、一刻も早い緊急事態宣言を出すよう要請してきた。今回のタイミングがベストだったかどうかは後から判断すればいいことであり、現在できることに全力を挙げるべきだろう。

この記事は有料記事です。

残り4274文字(全文4559文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです