メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

自治体の「おくやみ窓口」改善 「ワンストップ」要望しよう=滝野隆浩(専門編集委員)

大分県別府市の「おくやみコーナー」は庁舎を入ってまっすぐの場所にある=同市役所で2019年11月25日、滝野隆浩

 死後事務手続きの「おくやみ窓口」を改善した三つの先進自治体がある。年金、保険証返還などの手続きを簡素化して市民に好評だ。死後のことまで市民本位で考えている自治体は、高齢者を支える施策にも力を入れているようにみえる。単身世帯が増える中、人生最終盤は誰しも支えが必要で、地方自治の役割が改めて注目されている。

 緩和ケア、みとりから終活、葬儀まで。担当するコラム「掃苔記(そうたいき)」(4月より、金曜日から日曜日に掲載日変更)では、人生の最終盤に考えるべきことがテーマだ。ここ数年、急に「人生100年時代」と言われ始めたが、長生きするにはノホホンとしてはいられない。昔と違って、あれこれ自分で決めなければならないことも多い。ナンギな時代なのである。

この記事は有料記事です。

残り1515文字(全文1838文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです