メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

新型コロナ/1 症状急激に悪化 味覚障害も

 病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。ひとたび広がれば、都市は封鎖され、経済活動も停滞しかねず、影響は甚大だ。新シリーズ「感染症と闘う」では、人類の脅威ともなった新型コロナウイルスを取り上げる。最初の確認から3カ月。初回は、未知のウイルスの正体に迫る。

 「それまで話ができたのに、数時間でどんどん酸素が足りなくなって、人工呼吸器を付けないと助けられない状況になる」。新型コロナ感染症の患者を受け入れている国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は3月25日の記者会見で、症状が急激に悪化するこの感染症の怖さを強調した。コメディアンの志村けんさんが、入院のわずか9日後に死去したことは、日本中に衝撃を与えた。

 新型コロナウイルスはどうやって体に侵入するのか。考えられる感染経路は主に二つ。厚生労働省などによると、せきやくしゃみ、会話などで飛び散るしぶきによる飛沫(ひまつ)感染と、汚染された手で目や鼻、口といった粘膜を触ることによる接触感染だ。

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです