メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

緊急事態宣言の発令を伝える街頭の大型ビジョン=名古屋市中村区のJR名古屋駅前で7日午後5時41分、兵藤公治撮影

 首都圏と大阪などに緊急事態宣言が出された7日、日本の大動脈・東海道新幹線は乗客も少なく、普段ならビジネス客や観光客らで混雑するJR名古屋駅(名古屋市中村区)の周辺はひっそりとしていた。行き交う人からは「対象地域だったら来ないところだった」「もう大阪には行きたくない」など、宣言に危機感を募らせる声が相次ぎ、不安感の高まりが表れた。

 大阪市内で取引先との打ち合わせを終え、戻ったばかりという建材メーカーの男性会社員(64)=名古屋市=は「次回からはメールなどを使い、大阪に集まらないことにした。すり合わせができるので集まると便利なのだが」と話した。この日は以前から決まっていたため、やむを得ず行ったが、大会議室を使い、間隔を空けて座ったという。普段は地下鉄の混雑を避け、自転車通勤するほど危機感は強い。「東京に比べて大阪はのんびりし…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです