メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都 コロナ警戒レベル「最高」に引き上げへ

飲食業不振で和牛の枝肉価格が大幅下落 訪日客減響く 新型コロナ

和牛の代表的な品種である「黒毛和種」=独立行政法人家畜改良センター提供

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて飲食店など外食産業が停滞し、和牛の枝肉価格の下落など北海道内の生産現場に悪影響が出始めており、緊急事態宣言でさらなる需要の冷え込みに対する不安が広がっている。

 ホクレン十勝枝肉市場(帯広)では黒毛和牛の枝肉単価(A5等級・去勢牛)の3月の平均は1キロ当たり2342円で、前月の2548円、昨年3月…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  4. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  5. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです