メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「命を守れ 人工呼吸器など医療機器増産を」日本政府が協力要請

重症患者の治療に使われるECMO(エクモ)と呼ばれる装置=テルモ提供

 政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い供給不足が続く人工呼吸器などの増産と輸入拡大への協力を産業界に要請した。医療機器メーカーは生産拡大を急ぐが、「増産に力を貸してほしい」(加藤勝信厚生労働相)と依頼された異業種の動きは鈍い。英米政府は電機や自動車メーカーなどに号令をかけ、人工呼吸器を増産させている。

 医療機器メーカー「テルモ」の静岡県の工場では、高度医療機器「ECMO(エクモ、体外式膜型人工肺)」の増産のため、土日もフル稼働が続く。

 エクモは従来の人工呼吸器では救えない重篤な肺炎患者の肺の機能を代替する機器。体に管を入れて血液を体外に取り出し、酸素を供給してから体に戻す。国内シェアの約7割を占めるテルモは、これまで月十数台を生産していたが、今後数カ月で100台超を生産する予定だ。エクモを扱える医療従事者を増やすため、政府は7日発表した緊急経済対策に研修事業の創設も盛り込んだ。同社広報担当者は「需要がある限り増産を続けたい」と…

この記事は有料記事です。

残り2461文字(全文2885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです