メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川・黒岩知事「コロナファイター、積極的には使わない」 2週間足らずで“撤回”

記者会見する黒岩祐治神奈川県知事=横浜市中区の県庁で2020年4月7日午後2時2分、木下翔太郎撮影

 神奈川県の黒岩祐治知事は7日に開いた記者会見で、新型コロナウイルスに対応する医療関係者を応援するとして名付けた「コロナファイター」との呼び名について、「賛否がある。我々のほうから積極的には使わない」と表明した。呼称入りのポスターも作製する力の入れようだったが、発表から2週間足らずで“撤回”することとなった。

 コロナファイターと命名した理由について黒岩氏は会見で、医療関係者が偏見や差別にさらされている実態があると強調。「このまま放置すると、最前線で闘う医療関係者の疲弊が進む。みんなで応援しましょう、と考えた」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです