「本物に会えるの楽しみ」 木彫りの「リアン」お出迎え 訓練中の雄ライオン 福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ライオン舎で来園者を迎える木彫りの「リアン」像。奥は雌ライオン「ライ」=北九州市の到津の森公園で、成松秋穂撮影
ライオン舎で来園者を迎える木彫りの「リアン」像。奥は雌ライオン「ライ」=北九州市の到津の森公園で、成松秋穂撮影

 到津の森公園(北九州市)のライオン舎前で6日、飼育しているライオン「リアン」(雄、4歳)の木彫りの像(高さ約1.3メートル)がお披露目された。まだ短いたてがみなどが精密に作られ、愛嬌(あいきょう)のある姿で来園者を迎えている。  リアンは2019年12月、九州自然動物公園アフリカンサファリ(大分県宇佐市)から来園。現在は夏ごろの…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集