メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

緊急事態宣言が発令されたことを受け、開店直後の30分間、高齢者等の買い物時間を設けたコープこうべで買い物する高齢者ら=神戸市東灘区で2020年4月8日午前10時2分、平川義之撮影

 緊急事態宣言を受け、コープこうべ(神戸市東灘区)は8日、兵庫県内と大阪府北部の全99店(コープミニは除く)で、開店時間直後の30分間を「高齢者など専用のお買い物時間」とする取り組みを始めた。生活必需品を買い求める客が増えるとみて、高齢者や障害者らが安心できるよう配慮した。コープこうべとしては初の対応で、当面の間続ける。

 神戸市東灘区の「コープこうべ シーア」では、午前10時の開店と同時に高齢者らが入店。カートを押し、野菜をかごに入れていた近くの女性(81)は「最近は混雑が怖くて、すいた店ばかりに行っていた。久しぶりに安心して買い物ができる」と喜んだ。店先で「知らなかった」と引き返す一般客もいたが、混乱はなかった。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです