メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県が来県自粛要請「県民の命と健康守るのが最優先」 新型コロナ

県庁での記者会見で沖縄県への来県の自粛を求める玉城デニー知事=那覇市で2020年4月8日午前11時33分、遠藤孝康撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は8日の記者会見で、緊急事態宣言が発令されている間は、宣言の対象地域の7都府県をはじめ県外からの沖縄訪問を自粛するよう呼びかけた。来県自粛の要請は観光立県の沖縄にとって経済面での影響も大きいが、知事は「沖縄県民の命と健康を守ることが最優先である」と強調した。

 沖縄県では8日新たに5人の感染が確認され、感染者は39人になった。4日以降はほぼ連日、感染者が確認され、7日はこれまでで最多の12人に上った。首都圏や近畿圏などで感染した県民や旅行者も多いとみられ、既に2次感染も起きている。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです