NGT訴訟で和解成立 ファンが賠償金支払い 48グループ出入り禁止 新潟地裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 アイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)への暴行問題を巡り、運営会社のAKS=現・ヴァーナロッサム=が、暴行容疑で逮捕され不起訴になった男性ファン2人に3000万円の損害賠償を求めた訴訟が8日、新潟地裁(篠原礼裁判長)で和解した。男性側がAKS側に数百万円の賠償金を支払うなどの内容。AKS側代理人が明らかにした。

 AKS側代理人によると、他に、男性側が山口さんとのやりとりを一定程度認めて謝罪文を提出し陳謝▽NGT48を含むAKB48グループの名誉やイメージを損なう行為の禁止と、出演するイベントなどへの出入り禁止の同意――の2点で、男性側はすでに実施したという。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集