メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見る探る

在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼びかけるCMを放映する新宿アルタのビジョン=東京都新宿区で2020年4月8日午前10時1分、山口朋辰撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が首都圏など7都府県に出した緊急事態宣言。不要不急の外出自粛や在宅勤務の推奨が求められるなか、街の風景はいったいどう変わったのか。記者2人が新宿と丸の内を歩き、「それでも出勤しなければならない人たち」の声に耳を傾けた。【山口朋辰、岡大介/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り4248文字(全文4405文字)

岡大介

1982年東京生まれ。2007年毎日新聞入社。東芝不正会計、東電改革、コインチェックの仮想通貨大量盗難事件、財務省の公文書改ざん&次官セクハラ発言問題、GAFA規制など取材。共著に「AIが変えるお金の未来」など。酔うとすぐ寝る。ツイッター @oka_mainichi

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです