メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡知事会見は午後10時20分 宣言7知事でラスト 「問われる情報発信力」の声

緊急事態宣言を受け記者会見する福岡県の小川洋知事=福岡市博多区の福岡県庁で2020年4月7日午後10時18分、中里顕撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された7日夜、対象の7都府県の中で、対策本部会議や記者会見など福岡県の対応が大幅に遅れ、SNS(会員制交流サイト)では情報を求める書き込みが相次いだ。対象地域の知事は施設使用の制限・停止の要請・指示などで強い権限を持つだけに、識者は「対策に協力を得るためにも知事の情報発信の手腕が問われる」と指摘する。

 発令を受け6都府県では7日午後9時過ぎまでに、翌日からの対応方針を決める対策本部会議と知事の記者会見が開かれた。「どうしてもという時以外は、とにかく家にいて」(吉村洋文・大阪府知事)など各知事の発言が伝えられる中、SNSでは「自粛や補償内容含め県民は会見待ち」「会見しないと、明日また普通に日常が始まるよ」など福岡県の対応を求める投稿が続いた。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです