メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナショックの現場から

「不安を取り除くのが町医者の矜持」 蔵前協立診療所の原田文植所長

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、診療所の現状と取るべき対策について語る蔵前協立診療所の原田文植所長=東京都台東区で2020年4月6日午後5時37分、吉田卓矢撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け、さまざまな現場で多くの人が苦闘しています。医療、教育、物流、貧困支援、スポーツ――。非常事態の中で戸惑いながらも工夫して生き抜こうとする人々に現状や意見を聞くインタビュー連載「コロナショックの現場から」を随時掲載します。初回は地域住民の健康を支える診療所の所長です。

この記事は有料記事です。

残り2693文字(全文2854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです