メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神の新型コロナ感染全3選手退院 藤浪、伊藤隼に続き長坂も待機へ

長坂拳弥捕手

 プロ野球・阪神は8日、新型コロナウイルスに感染して兵庫県内の病院に入院していた長坂拳弥捕手(25)が退院したと発表した。当面は関西圏内のホテルで待機する。ともに感染が確認された伊藤隼太外野手(30)と藤浪晋太郎投手(25)は既に自宅待機しており、感染が確認された全3選手が退院した。

 長坂は球団を通じ、「ご迷惑とご心配をお…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです