メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『つげ義春日記』つげ義春・著

◆『つげ義春日記』つげ義春・著(講談社文芸文庫/1300円)税別

 かの漫画家が昭和50年から55年にかけて記していた日記が初文庫化された(単行本は昭和58年に刊行)。なぜ日記を書いたか。「あれを仕事として引き受けたのはほんとうに金が無かったんです」「もうお金欲しさで書いちゃった感じですね」

 息子が生まれ、妻をねぎらいながら、慣れない子育ての日々が続いていた。ある時、妻が体調を崩し、医師が別の医師に「これはGですね、Gに間違いないですね」と言ったのを聞いてしまう。案の定、癌(がん)だった。

 妻の闘病、疲弊する育児、金の工面を繰り返すなかで、徐々に自身の精神が蝕(むしば)まれていく。「川原に松の大木が一本聳えている。それは首を吊るのに恰好の枝ぶりだ」。自分が自分として存在する理由を探しながら、それが見当たらないことに焦る。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです