メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「NY まるで戦争」 高熱1週間超、検査受けられず 駐在日本人、遠隔診断「コロナ感染」

米ニューヨークで、新型コロナウイルス感染者への対応について打ち合わせをする人々=4日、米海軍提供・ロイター共同

 新型コロナウイルスの感染者が全米最多の14万人超を数えるニューヨーク州。現地に駐在する大手商社勤務の黒岩健太郎さん(53)は高熱や味覚異常があり、携帯電話のビデオ診断で感染が間違いないと医師から診断された。大都市での感染爆発や約3週間に及ぶ闘病生活を電話取材に語り、「日本でも医療崩壊につながる危険はある。皆が自覚を持って感染対策を進めるべきだ」と警鐘を鳴らした。

 黒岩さんはニューヨーク中心部で1人暮らし。インタビューの間も電話の向こうから救急車のサイレンが聞こえる。州内では医療従事者が不足し、医療現場が切迫しているという。クオモ州知事は3月下旬、「あなたの地域で医療危機が起きていなければ、今すぐ助けに来て」と全米の医師や看護師に呼びかけた。黒岩さんは「まるで戦争のようだ」と感じている。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです