特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「NY まるで戦争」 高熱1週間超、検査受けられず 駐在日本人、遠隔診断「コロナ感染」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
黒岩健太郎さんが新型コロナウイルスの感染を調べるため病院を訪ねると「軽症者には検査はしない」と書かれた紙を渡された=提供写真
黒岩健太郎さんが新型コロナウイルスの感染を調べるため病院を訪ねると「軽症者には検査はしない」と書かれた紙を渡された=提供写真

 新型コロナウイルスの感染者が全米最多の14万人超を数えるニューヨーク州。現地に駐在する大手商社勤務の黒岩健太郎さん(53)は高熱や味覚異常があり、携帯電話のビデオ診断で感染が間違いないと医師から診断された。大都市での感染爆発や約3週間に及ぶ闘病生活を電話取材に語り、「日本でも医療崩壊につながる危険はある。皆が自覚を持って感染対策を進めるべきだ」と警鐘を鳴らした。

 黒岩さんはニューヨーク中心部で1人暮らし。インタビューの間も電話の向こうから救急車のサイレンが聞こえる。州内では医療従事者が不足し、医療現場が切迫しているという。クオモ州知事は3月下旬、「あなたの地域で医療危機が起きていなければ、今すぐ助けに来て」と全米の医師や看護師に呼びかけた。黒岩さんは「まるで戦争のようだ」と感じている。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1350文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集