メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即身仏、なぜ山形に多い? 25歳記者、巡って考えた

即身仏巡り・山形マップ

 山形県の日本一といえばサクランボの収穫量を思い浮かべるが、県のホームページを見ていたら「即身仏の数8体」という記述を見つけた。即身仏は僧侶の“ミイラ”とも言われ、非公開の京都府の1体を含め、全国で17体が確認されている。県内8体のうち、日本海側の庄内地方に6体が集中している。25歳の記者が即身仏を巡ってみた。

 即身仏は諸説あるが、江戸時代初期以降、飢饉(ききん)や病気に苦しむ世の平和を願い、生きたまま仏になろうとした僧侶を指す。全国17体のうち、山形が8体で最多。新潟4体、福島、茨城、長野、岐阜、京都が各1体だ。山形県内には、庄内地方の鶴岡市に4体、酒田市に2体、内陸の南部にある米沢市と白鷹町に1体ずつある。

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです