メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都の新たな感染者584人 過去最多更新 新型コロナ
書の世界

生誕120年記念 上田桑鳩と北海道の門流展 巨人の表現と門人の展開

 

 「生誕120年記念 上田桑鳩と北海道の門流展」(7月31日まで、札幌・小原道城書道美術館)は、「現代の書」の巨人・上田桑鳩(1899~1968年)の多彩な表現とその門人たちの展開を合わせて考えてみようという意欲的な構成となっている。

 上田桑鳩は兵庫県生まれ。比田井天来に師事。書道芸術社を結成し『書道芸術』を創刊し書についての論評を発表し続けた。40年、奎星会を創設し、後進の育成にも尽力した。

 桑鳩の書としては、「翰墨游戯」=写真[1]▽「玉樹金衣翠羽……」=同[2]▽「江南霏々江草齊……」=同[3]▽「正々堂々」=同[4]=など、字形のデフォルメから現代感覚あふれる構成力まで幅広い作が並んでいて、驚嘆させられる。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  2. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  3. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

  4. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  5. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです