メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄稿

詩人・吉岡実没後30年 絢爛たる異世界を創造=城戸朱理(詩人)

吉岡実=1984年撮影

 超現実主義(シュルレアリスム)は、二十世紀の前衛芸術のなかでも、もっとも大きな潮流となった。人間の無意識に光を当てるシュルレアリスム運動は詩と美術の革新を担ったが、わが国でも、現代詩の源泉となった大詩人、西脇順三郎が戦前に紹介し、詩人たちに大きな影響を与えた。

 そして、第二次世界大戦後の戦後詩において、神聖さと卑俗さが同居する、目覚ましいまでのシュルレアリスティックな作品を実現したのが、吉岡実(一九一九~九〇年)だった。

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 特集ワイド 次なる脅威は「病院閉鎖」 コロナで一般患者減、経営悪化 日本医師会・横倉義武会長

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです