特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 公衆衛生の支え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
銭湯「小杉湯」では従業員が3時間ごとに次亜塩素酸水スプレーで、手が触れる場所などの消毒作業を念入りに行っている=東京都杉並区で2020年4月8日、長谷川直亮撮影
銭湯「小杉湯」では従業員が3時間ごとに次亜塩素酸水スプレーで、手が触れる場所などの消毒作業を念入りに行っている=東京都杉並区で2020年4月8日、長谷川直亮撮影

 政府による「緊急事態宣言」が発令される中、東京都杉並区の銭湯「小杉湯」では新型コロナウイルスの感染拡大に注意しながら営業を続けている。

 小杉湯では、自宅に入浴設備がある人には来店を極力控えてもらうよう、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などでお願いしている。しかし、高円寺や中野など周辺地域には築40年以上の風呂なしアパートも多く、公衆衛生上、銭湯を必要としている人たちも…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集