メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 丹後地域、初の陽性 与謝野町長「3密避けて」呼びかけ /京都

コロナ対策本部会議で挨拶する山添藤真町長(中央)=与謝野町で、松野和生撮影

[PR]

 丹後地域で初の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、与謝野町は7日、山添藤真町長の町民向けメッセージを発表した。感染拡大のリスクを高める「三つの密」(換気の悪い密閉空間、多人数が集まる密集場所、近距離で会話するなど密接場面)が同時に重なる場所に行かないよう、改めて呼びかけている。

 府の発表によると、感染が判明したのは20代の男性会社員。3月24日に府外の飲食店を利用し、同28日に軽い嗅覚障害や倦怠(けんたい)感などを訴え、4月7日に陽性と判明した。現在入院中で、家族2人が濃厚接触者とみられている。

 町内では8日、町立・組合立中学3校の入学式が予定通り行われた。今後も小・中学校や保育園などについては、感染拡大防止に配慮しながら授業などを継続する方針。

 町の担当者は「男性については感染経路が明らかになっている。極めて狭い範囲での発生で危機的状況とまでは言えず、現段階で警戒レベルに変更はない」と話している。

 また町は8日、政府の緊急事態宣言発令を受け、特別措置法に基づく対策本部(本部長・山添町長)を設置した。午後からの会議では、この日開かれた府の対策本部会議での発表事項などについて説明された。【松野和生】

〔丹波・丹後版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  5. 重機転落死 穴の位置、図に記さず 横浜市、JVに提示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです