メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 売り上げ激減、卸売業男性 「経済対策 一時しのぎ」 先が見えぬ不安 /広島

相談窓口で受け取った資料に目を落とす男性=福山市役所で、関東晋慈撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発令された政府の緊急事態宣言。同時に示された緊急経済対策は、収入が減った世帯や企業に給付金を支給することなどが盛り込まれたが、先行きは見通せず、不安を打ち消すまでには至っていない。福山市の中小事業者向け相談窓口を訪れた婦人服卸売業の60代男性は「経済対策も一時しのぎ。廃業しても生活のため働かなくてはならないし、次の道がすぐに決まる訳でもない」と苦しい胸の内を語った。【関東晋慈】

 男性にとって、イベントや展示会向けに卸す婦人服販売が大きな収入源だった。年度替わりの3、4月は特にイベントが多く、今年も約300万円分を仕入れて準備していた。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです